デリケートゾーンに使える「美白クリーム」の選び方

敏感なデリケートゾーンに使用する美白クリームは、

どのようなポイントで選ぶのがいいのでしょうか?

 

美白クリームには、2つのタイプがあります。

ハイドロキノンのように肌を漂白するタイプのもの、

メラニンの生成をおさえるタイプのものですね。

 

デリーケートゾーンに使うには、メラニンの生成を抑えるタイプのもの。

漂白タイプのクリームは刺激が強すぎるので肌ダメージを引き起こす可能性があります。

メラニンの生成を抑えるものがおすすめです

 

肌のバリア機能を守るため、保湿成分で潤いを与えるもの。

肌のバリア機能を守るためには、保湿成分で潤いを与えるのが効果的ですね。

コラーゲンやヒアルロン酸など、肌に水分、油分を与えて保持する成分が配合されていればベスト。

敏感肌の人にはセラミドがおすすめです。

 

低刺激で肌に優しいもの。

香料や着色料防腐剤アルコールなどの添加物はデリケートゾーンには負担になるので、

無添加、低刺激な美白クリームを選ぶのがいいと思います。

 

美白成分の特徴

「トレチノイン」「ハイドロキノン」

肌トラブルがない人で即効性がほしい人は、

クリニックで処方される「トレチノイン」「ハイドロキノン」の組み合わせが効果的です。

敏感肌の人は刺激が強いのでおすすめできません。

 

プラセンタエキス

プラセンタエキスは、ターンオーバーを促進する効果が高く、

他の美白成分とあわせて使うと効果が発揮できるようです。

 

プラセンタエキスには、コラーゲン、ヒアルロン酸が多く含まれるので、

肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活発にする効果が高いですね。

 

ビタミンC誘導体

肌への浸透力が高く、メラニンの生成を抑制するとともに、今ある黒ずみを薄くする効果もあります。

ターンオーバーを改善する作用もあります。

さらにビタミンCには、コラーゲン生成する働きがあり、

シミを薄くしてくれます。

 

デメリットとしては、肌への刺激を感じる人もいますし、

日が当たらないところにおくなど保存に気を使う必要があります。

 

乾燥肌の人はビタミンC誘導体が配合されたクリームは、乾燥が進んでしまう可能性があります。

肌に優しいのは、肌と同じアミノ酸の一種のトラネキサム酸や、安全性の高いアルブチンですね

 

トラネキサム酸

肌と同じアミノ酸の一種なので、肌に優しく使える

メラニンの生成を抑制し、炎症を抑える効果がある。

 

アルブチン

メラニン色素の発生を抑える成分です。

副作用なく安全ですね。

ビタミンCもメラニン生成を抑える働きがあるので、併用すると効果が高まりますね。